正しい知識を得て実行

家電

ふるさと納税をすると地方自治体によっては家電がもらえる場合があります。ふるさと納税する先は任意で選べますから、家電をもらえる権利は誰にでもあります。ただ、納税という名称を使ってはいますが、納税ではなく寄付なので、通常の納税をする必要はあります。但し、ふるさと納税をすると、税金の控除が受けられます。

おすすめの納税方法

食材

ふるさと納税を行うなら、グルメポイントを獲得することができるサイトを通じて納税するのがおすすめです。獲得したグルメポイントを使って、有名レストランで高級食材を使った食事を堪能することができるというメリットがあります。

お得に節税しましょう

田舎

人気になっています

最近ふるさと納税が流行っています。なぜならば、寄付したい地方を選び、そのお礼に特産品などを返礼してもらえるからです。その上、税金の節約にもなるのでおすすめです。ふるさと納税は、年収によって寄付できる限度額が異なります。そのため、自分の年収ではどの程度の金額まで可能なのか調べましょう。最近ではふるさと納税専門サイトで、自分の年収や源泉徴収書の内容を入力するだけで、限度額の目安がわかるようになっているのでおすすめです。そして、限度額までであれば、実質負担が2000円程度なので、大変お得なのです。返礼品はその地方の特産品なので、例えば新鮮な魚や野菜、果物などが送られてきます。自治体によって内容が様々なので、選ぶ楽しさもあります。またふるさと納税がきっかけで、地方の特産品を知ることができるので一石二鳥です。さらに、送り先を自宅以外にして、贈り物にすることもおすすめです。いつもお世話になっている人や離れた家族に送るといったことも可能なのです。節税しながらお歳暮やプレゼントにもできるので、大変おすすめです。ただしふるさと納税は発送日の指定などはできません。あくまでも寄付の返礼ということなので、注意をしましょう。そしてふるさと納税をしたら、必ず確定申告をすることが必要です。サラリーマンで限られた自治体に寄付した人は申告なしでも可能ですが、忘れないように注意しましょう。せっかくの節税の意味がなくなってしまいます。

減税に繋がる寄付金控除

電化製品

ふるさと納税を賢く利用して、家電などを手に入れる人も増えています。所得税と住民税の減税がメインの制度ですが、それだけでは無くお礼の品にも注目が集まっているこの制度の利用者は、年々増加している状況です。