減税に繋がる寄付金控除

電化製品

所得税などの減税

確定申告により所得税や住民税額が確定しますが、こうした税金を減税することが可能な寄付金控除が話題を集めています。寄付金控除とは地方自治体等に対して寄付を行うことで、その寄付をした額を所得から控除し、結果として減税に繋げるというものです。このとき、寄付をした金額全てが減税になるわけでは無く、自己負担として二千円分は減税出来ないものとなっています。それでは誰も寄付をしようとは思わないと考えられたために、寄付金すなわちふるさと納税などをした人に対して、お礼の品を贈る自治体が現れました。このふるさと納税によるお礼の品については、家電や商品券を送るところもありますので、家計にとって大助かりです。また、送られてくる家電もその地域にまったく関係が無いものというわけでは無く、工場などがそのふるさと納税地域に存在して、工場の稼働率を向上させることに繋がっています。家電などを送る側も受けとる側も、双方にとってメリットがある制度と言うわけです。また、確定申告が面倒という人にとって朗報になったのが、4箇所までは確定申告をしなくても良くなったという点です。職場の年末調整で対応が出来る制度にもなっています。こうしたことでより手軽にできるようになり、家電などを受け取れることもあってふるさと納税はますます人気を集めるようになっています。ただ単に納税をしても義務を果たすだけで、何らおいしい思いはできませんでしたが、これからは多少なりとも節税と家電などのお礼の品を受けとることで、家計にも優しいことになっていくでしょう。